鎌倉市山崎のまちの歯医者さん「医療法人 樹会 いがらし歯科医院」

診察内容

インプラント

大切な歯を失ってしまったら。インプラント治療で、生涯に渡る全身の健康を維持をしましょう。
失った歯を補う治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラント治療などがあります。その中で、最もご自分の歯と同じような感覚で噛めるようになるのがインプラント治療です。口の健康と全身の健康には深い関わりがあります。当歯科医院では、患者さんの将来に渡る健康のため、安心・安全なインプラント治療に取り組んでいます。

インプラントとは…

インプラントはチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなど天然歯に近い材質の歯冠を取り付ける治療です。チタンは骨と強く結合する性質を持ち生体親和性の高さでは高い評価を得ており、インプラントだけでなく人工関節などにも利用されている金属です。

インプラントは顎の骨に強固に支持されるため、ブリッジのように両側の歯を削る必要がなく、入れ歯などと比べても、しっかりとよく噛めるようになります。


次のような方にインプラントをお勧めします
  • 入れ歯で食事できるが、もっとしっかり噛めるようになりたい方
  • 大臼歯を欠損した方
  • 入れ歯が煩わしい方
  • ブリッジのために他の歯を削りたくない方
  • 入れ歯を入れる事に抵抗がある方

治療方法

1.インプラント埋入(一次手術)
歯肉を切開して顎骨に専用ドリルなどでインプラント埋入孔を開けます。
顎骨としっかり固定するようにインプラントを埋入し、歯肉を縫合して切開創を閉じます。
2.治癒期間 インプラント体と顎骨との結合
インプラントと顎骨の結合(オッセオインテグレーション)を待ちます。 通常3か月間。
その間は部分入れ歯などを装着します。
3.二次手術
埋入したインプラント直上の歯肉をくり抜き、アバットメントという被せ物を結合させる連結装置装着の準備をします。約2週間切開した歯肉の治癒を待ちます。
4.アバットメント装着・印象(型とり)
オッセオインテグレイトしたインプラント体にアバットメントを装着して印象採得を行い、上部構造(人工歯冠)を作製します。
5.上部構造(人工歯冠)の装着
当院では上部構造を装着する時に、強固な接着材料を使用しません。歯ぎしりなどによる強大な力が加わった時、オッセオインテグレイトが破壊されてインプラントが脱落するより上部構造のみが脱落してくれた方が、被害が少ないからです。
6.メインテナンス
インプラントを安定して使用し続けて頂くため、術後1・3・6ケ月、1年、その後はできるだけ半年に1回定期検診を行います。インプラント部分も清掃状態が悪いと歯周病になります。お口の中全体の歯周病チェックも兼ねて通院して頂きます。また、歯ぎしり癖のある方はインプラント脱落のリスクが高いのでナイトガードを装着することをお勧めしています。

骨造成処置

顎の骨の量や幅が少なくなっていて、そのままではインプラント手術ができない場合があります。この状況を補うために、骨を造る処置である骨造成術や骨移植術をおこないインプラントが可能になります。その技術や材料も年々進歩してきています。ご相談ください。

インプラント不適応となる場合

全身疾患として、糖尿病、心疾患、をお持ちの方、血が止まりにくくなるお薬を服用されている方、骨粗しょう症(ビスフォスフォネート製剤)を投与されている方はインプラント手術は不適応になります。
午前
午後

※木、日、祝日はお休みをいただいております。
平日:午前(9:30-12:30) 午後(14:30-19:00)
土 :午前(9:00-13:30) 午後(14:30-17:00)

ご予約・お問い合わせ 0467-41-4182

湘南鎌倉総合病院での週術期口腔機能管理

バースクリニックの検診

訪問口腔ケア

糖尿病の患者さんへのオーラルケアレクチャー

求人情報